あい@自分史サイト

絶賛子育て中!こどもは大好き!でも自分の人生も充実させたいわがまま母です(*^_^*)ママたちと一緒に、自分史ウェブサイトを作っています☆https://www.jibunshi.info/

【制作実績】個性と経験をどう使うか!

こんにちは。あいです。

ママたちと自分史ウェブサイト作成のお手伝いをしています☆

 

久しぶりに自分史サイトのレビューやります!(*'▽')/

\\最新の自分史WEBサイト//

jibunshisite.com

 

粟飯原さんは、私の両親と同世代。

徳島県神山町で生まれ、育ち、現在は『てくてく栗生野』という神山町下分地区にあるコミュニティサロンを運営しています(*‘ω‘ *)

 

■学生時代のこと

中学校の統廃合を経験したことで神山町の過疎化を感じたことや、徳島市内の高校に通ったことで、『田舎暮らし』ということを感じた学生時代。

下宿を含めた高校生活になじめずにいたけれど、その時に出会った写真は、現在ではライフワークになっているそうです。

 

■社会人のこと

社会人になってモヤモヤしているときに参加した青年の船。

そこで『田舎に住んでいようと、技術があれば世界の人を相手に活躍できる!』と気づいたそうです。

帰ってすぐは周りとの温度差を感じたものの、得意だったパソコン技術を武器?に、オフィス改革をしていきます。

 

■家族のこと

写真係のボランティアで参加した“車いす友の会“の一泊旅行で出会った奥様。

奥様とはたくさん話しているとのことで、粟飯原さんの一番の理解者とのこと。

粟飯原さんご自身が、奥様のことも娘さんたちのことも、丁寧にひとつづつ向き合い、理解しようとしているのかなと感じました(*''▽'')

 

神山町観光係

44歳のときに観光係に異動になり、そこでは観光イベントを立ち上げたり、観光PRの資料作成をしたりと、神山町の魅力を伝えることに尽力していました。

地元の人には『当たり前にあること』でも、他県からしたら『そこにしかないもの』になるってのを知ると、もうなんでもアピールポイントになるなって思う。

観光窓口だけではなく、地元の人がその地域のオススメ場所を教えてくれると、めちゃくちゃ価値が高まる気がするのは私だけかな??(´▽`)

 

教育委員会

50歳のときに教育委員会に異動。そこでも大きなイベントを担当。

神山町の伝統的な催しであった「棒突き」を38年ぶりに復活させました。

また、農村舞台の復活として人形浄瑠璃の実演もしました。

粟飯原さんは、ご自身のことを

神山町役場を定年退職して6年。振り返って思うことは、役場の中ではずっと浮いた存在だったなということ。ゼロからモノコトを生み出していくことが得意で、マニュアルに従うのが不得意だった。役場の担当者らしくない、はみ出し者だったなと感じる。

をおっしゃっています。

役所ではなかなか気苦労もあったかもしれませんが、観光係や教育委員会では、得意分野を活かせるような仕事ができたのではないかと感じます。

役場の部署異動は、誰が決めているのかは全くわかりませんが、粟飯原さんの良い部分をちゃんと見てくれてた人がいて、力が発揮できるような異動だったように思います。

 

そして、、この時期にNPO法人グリーンバレーが神山町農村環境改善センターに常駐となりました。

個人的には、ここで!!岩丸潔さんと粟飯原さんが繋がったの??とちょっと興奮しました(゚∀゚)

 

jibun-shi-web.hatenablog.com

岩丸さんの自分史WEBサイトを3回にわたり書いています(*´з`)

 

■てくてく栗生野の設立

粟飯原さんと奥様のスキルとキャリアがあってこそのとても素敵な場所!!

民と官をつなぐ場所があると、地域の人たちも暮らしやすくなるように思いました。

大工工事を粟飯原さんが中心となって、手作りしていったというのがまたすごい!!

 

粟飯原さんがこどものころにやってきた大工遊びや高校で出会った写真が、大人になってからも生かされているのが素敵だなと思いました。

こどものころ好きだったことは、大人になっても好きなんだなと思ったし、

好き・楽しいことは『居場所になる』とも思いました。

環境に馴染めなかったとしても、ひとつでも自分の好き・楽しいがあるだけで、きっと見える世界は変わってくるはず。(と、これは移住する自分へのエール!!!!)

個性と経験をどう使うかで人生の充実度が変わってくるのかな・・と思いました(*''▽'')

 

我が夫も、みんなが集まって好きなことを好きなようにできる場所を作りたいと言っておりまして・・・・

参考にさせていただきたい。。。という口実で行ってみたいな!!

徳島県神山町がますます魅力的に感じる自分史でした!!!

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!(*‘ω‘ *)

思ってたんと違う・・・

こんにちは。あいです。

ママたちと自分史ウェブサイト作成のお手伝いをしています☆

 

先月末、ブログ更新再開します!宣言したのに。。。

jibun-shi-web.hatenablog.com

 

結局、もう5月下旬です(゚Д゚;)

5月1週目は連休だったのもあり、親戚のところに遊びに行きお祭りにも参加しました(´▽`)(お祭り大好き!!!!)

 

 

2週目は、職業訓練校の友達とウェス・アンダーソンすぎる風景展を観に行ったり。

awa2023.jp

▲▲カラフルな世界がとてもかわいかった!!なんでもない日常の風景がとてもおしゃれに感じました!!

 

この時までは、まだ6月末の検定受けて資格取ろうと思ってたので、ちょっと頑張ってみたり。

WEBサイト制作の勉強やポートフォリオの修正とかしてみたり。

無職で日中家にいるのに、な~んかバタバタしちゃって、まとまった時間が取れなくてモヤモヤ~(^-^;

 

3週目になり、やっと引っ越しの準備開始。おも~~~い腰をやっとこさ上げました(;'∀')

で、ひとまず役所、移住窓口、小学校、保育園、コープと、だーーーっと電話かけたのですが、これが結構疲れる。

ちょうど暑い日が続いてたので、待ちに待ってた衣替え。

 冬服 →サマリーポケット(段ボールに詰める:2箱)

 大量の本 →サマリーポケット(段ボールに詰める:4箱)

 毛布・ホットカーペット →コープの布団丸洗い(専用の袋に入れる)

なんてのも同時進行しながら、電話やりとり2日くらいで疲労困憊www

引っ越し準備始めて3日目4日目は頭痛で、こどもたち送り出して家事のあとはほぼ使い物にならず_(:3 」∠)_

夫は先に新天地に行っていて頼れるはずはなく。。

引っ越しめちゃ大変じゃん!!!!

無職で日中家にいてもこんなに大変なのに、働いていて引っ越しする方々はどうしているの???!!!

 

そんなこんなで、やっぱり私のブログ活動は、朝子どもたちが起きる前にやるのがいいな~と思いました(´▽`)

早起きは三文の徳!!ということで、おひとり様時間を作るために、早起き頑張ります(*''▽'')

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!(*‘ω‘ *)

無事修了しました!

こんにちは。あいです。

ママたちと自分史ウェブサイト作成のお手伝いをしています☆

 

またまたもう4月最終日!!!

2月から始めたWEBデザインの勉強もついに修了しました!

jibun-shi-web.hatenablog.com

 

3か月間職業訓練校に通いました。

久ぶりの学生生活。

今回の学生生活にはプラスして子育てや家事などがあり、過去の学生時代よりもかなり縛りが多い状況。

お迎えの時間があるので学校に残って作業することもできず。

課題制作の時は、学校でできなかった部分は家でやるのですが、それもこどもたちが寝ている早朝にやっていました。(寝かしつけで一緒に寝てまう(;'∀'))

なので、課題制作の時は毎度寝不足www

そして課題発表後は、朝全然起きられなくなるwwwwww

それ以外でも復習したりなんだりかんだりで、いままでブログタイムだった朝の時間はお勉強タイムになりました。

 

それでも、やってみたかったことを学べているのは楽しかったです!!

20代前半~たぶん私が一番年上という年齢差で学ぶのも楽しかった!!

グループ制作では、テーマを決めるとこから始まり、ロゴ・紙媒体、WEBサイトの制作まで約一週間でやりました。

それぞれ得意分野があって、それを持ち寄ってみんなでわいわいやるの楽しかったーーー!!

 

グループ制作発表後は行けるメンバーで軽く飲みに行くこともできました!!

学校にいるときはあまり話す感じじゃなかったけど、飲んでみると個性的でおもしろい人たちばかりでした!!

みんな仲良くて、誰一人脱落することなく修了式を迎えられたのも嬉しい!

 

という3か月が終わり・・・ついに就職活動を本格的にせねば、、、です(^-^;

引っ越し準備も、運転免許取得も、転職も、

相変わらずやらなきゃいけないことしかないですが、がんばります~(*'ω'*)

 

ひとまず、ブログ更新再開します(*'ω'*)

自分史サイトの紹介などもまたしていきます~!!

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!(*‘ω‘ *)

お久しぶりになっていく・・・

こんにちは。あいです。

ママたちと自分史ウェブサイト作成のお手伝いをしています☆

 

はっっっ!!!!気づけばもう3月も終わりに近づいている!!!!(゚Д゚;)

 

2月からWEBデザインの勉強を始めていまして、、、

jibun-shi-web.hatenablog.com

 

復習やら課題やらポートフォリオ作成やら

家事・育児もあり、

ブログを書く時間もコメントする時間も作れずにいます・・・( ;∀;)

 

こどもたちがいるときは、まったく時間が取れないけれど、

勉強自体はとても楽しい!

そしてモノづくりが楽しいって感覚も思い出しました!(´▽`)

イメージはあるのに、それを形にするのが苦手なのですが、

それでも、あれこれやってみてイメージにハマった瞬間は

「キターーーーー(゚∀゚)ーーーーー!!!」ってなる♪

これが楽しい!!

 

まだお仕事をいただいているわけではなく、自分の作りたいものだけを作っている状態です、

仕事では、楽しいと思える事ばかりではないと覚悟はしていますが、

事務職とはまた違う楽しさを感じられるような気はしています!

 

ひとまず、、、来月末までは集中して学びます(゚Д゚)ノ

 

╲NEW!!/

徳島の正社員採用に特化したムツビエージェント株式会社

専務取締役 中西謙一郎さん(42歳!!!!)の自分史が完成しました♪

・・・・同世代・・・(゚Д゚;)・・・  

jibunshisite.com

同じ時代を生きてきた人の自分史は、より響くな~

仕事も子育ても頑張っていて、勝手に親近感わきました!

良かったら読んでみてください♪

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!(*‘ω‘ *)

転職に向けて自分を振り返ってみた

こんにちは。あいです。

ママたちと自分史ウェブサイト作成のお手伝いをしています☆

 

╲2月からWEBデザインの勉強を始めています/

毎日四苦八苦してますwwwwwwwww

jibun-shi-web.hatenablog.com

 

と同時に、転職に向けて自分のこれからを考えるため、今までのことを振り返ってみました。

 

0~5歳、小学校~中学校、高校、大学(社会人①)、社会人以降(社会人②)に分けて、好きだったことや印象的だったこと、頑張ったことや失敗したことなどを思いつくままに書き出してみました。

 

高校時代は、部活に明け暮れていたので、ほぼ部活の話題でした(やっぱりwww)

大学時代も、国家資格の試験がゴールだったのと、専門学校か!ってくらい授業授業授業だったので、家と学校とバイトの往復であまり派手に遊んだ記憶がありません(;'∀')

 

書き出していく中で、自分でもびっくりしたのは、

保育園や小学校のときの記憶が、けっこう鮮明だったこと。

好きだった遊びは、お絵かき、塗り絵、レゴ、どろだんご(息子も好きな遊びなう。誰もが一度は通る道だと信じてる・・・)、体を動かす遊びも大好きでした。

コロナ禍で登園自粛を通達されたときに、まっさきに興味持ったのは、WEBデザインとプログラミングでした(´▽`)

三つ子の魂百までってこういうこと????(゚∀゚)????

ちなみに、息子も全く同じ遊びが好きな模様www

 

それと、あくまで自己分析ですが、、

受験・部活・資格試験など、目標があるとコツコツ頑張れるタイプっぽいです。

要領もよくないので一夜漬け絶対できないやつです(;´Д`)

あれこれやりながら感覚をつかんでいく感じです。

受験勉強は、受験当日一発勝負はリスクありすぎなので、中間・期末テストからコツコツやってました( ;∀;)

 

部活にしても、勉強にしても、仕事にしても、頑張れる原動力というか、大事なのはやっぱり仲間!!!!

何をするかよりも、誰とするかが私にとっては大事みたい。

仕事に関しては、どんな人と働けるかは、入社してみないとわからないことではあるけど、今まで人には恵まれてきたので、自分の感覚を信じます!(結局感覚www)

 

人生を振り返ることもなく毎日バッタバタとしてましたが、自分を知る意味でも振り返ってみるのも大事だなと思いました。

よかったことも悪かったことも、成功も失敗もあるのが人生。

時間が経つと冷静に見れるようになるから、これからはこうしていこうかな~と前向きになれるような気もします(*'▽')

新年度が始まるタイミングで振り返りできてよかったです♪

 

私がお手伝いさせていただいている、AYAクリエイティブの自分史サイトLibraryのコラムにも自分史ワークシートがあるので、もしよかったら、ご自身の人生を振り返ってみるのもいいかもしれません(´▽`)

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!(*‘ω‘ *)

 

私事のご報告です!

こんにちは。あいです。

ママたちと自分史ウェブサイト作成のお手伝いをしています☆

 

私事ではございますが、、、

\\今月末で会社を退職します!!//

ずっと気になっていたWEBデザインの勉強をします!

 

私の職歴をちょこっと・・・

■新卒時代

新卒で委託会社に入社し、病院や学校、高齢者施設で給食を作っていました。

病院は早番は6時ごろから出勤し、残業は当たり前で、夏休みや年末年始休みもなく働いていました。

学校給食は、学校の休みとほぼ同じですが、夏休みはほかの現場のヘルプに行きます。

配膳時間に間に合わせるため、毎日時間との闘いでした。

大量調理なので、体力めちゃくちゃ使うのと、ほんとうに毎日走り回っていたので、ある時『これっていくつまで続けられるんだろう・・・』と思ってしまったのです(;'∀')

定年近くでもバリバリ働いているパートさんはいましたが・・・

例えば、妊娠したら・・?こんな重いもの持てないし、そもそもつわりとかで欠勤する可能性もあるし、、、

なんて考えてたら、居ても立っても居られなくなって、事務職になる!と決めて30代半ばで退職しました。

 

■初めての転職(黒歴史

最初の転職はうまくいかず(専門職からの転職だったし、年齢的にも遅かったかな・・・)、、小さな設計事務所の総務。

こちらの記事にもすこーし書いていますが、、

jibun-shi-web.hatenablog.com

とってもストレスフルな職場で、耐えられず転職しました( ;∀;)

 

■2度目の転職(派遣時代)

派遣登録をして、半年ほどの短期派遣で、テレアポの仕事でした。

ノルマはないけれど、架電数やアポ獲得の目標数がありました。

目標なので未達でもペナルティーがあるわけではありませんが、やはり達成したいので、毎日けっこう頑張っていました。

でも電話をガチャ切りされたり、冷たく対応されたりするのって限界があるのよね~( ;∀;)

派遣期間満了となり、つぎの派遣先は新卒採用のアシスタントの仕事でした。

最初はコール業務でしたが、少しずつほかの業務をするようになりました。データ入力的なものがメインでしたが、これがなかなかに楽しかったです!

ちょうど妊娠したタイミングだったのもあり、一度派遣会社を辞め、出産・育児をしました。

が、、、

育児が私には本当にきつくて。。(;´・ω・)。。2ヶ月くらいで限界を感じましたww

 

■再就職(・・ていうのかな??)

新卒採用のアシスタントとして派遣されていた会社の方に連絡をして、こどもが5ヶ月のときに、直雇用のアルバイトとして入社しました。

派遣期間も含めると約7年。その間、産休・育休も取らせていただきました。

繁忙期は、ガチで繫忙してて、みんな遅くまで残業しているなか、私はお迎えのために17時退社。

私が「お先に失礼します。」というと、みんな「え!!もうそんな時間??!(゚Д゚)ノ」といって焦りだすのが毎日www

嫌味や文句を言う人もいなくて、保育園からの呼び出しやこどもの急病で休むことになっても「いいよいいよ!!お大事にね」と言ってくれる。

業務に関してはグチグチいいながらも、みんな真面目なのでちゃんと頑張る。という仲間たちがとても大好きでした(´▽`)

リモートでできるならば、ずっと居たかったなと思うほど、私には居心地の良い職場でした。

 

■移住します

コロナ禍になってから、いろいろ・・ほんっとうにいろいろとあり、

今年の春から夫の地元に移住することにしました。

WEBデザインやプログラミングは、コロナの最初の緊急事態宣言の時から気になってはいて。育休中に少しだけ挑戦してみたけど、つかまり立ちをするようになったら、PC触られまくり、何も手につかなくなってあきらめた経験ありww

移住先は車必須なのに、私は免許もないので、なにかするなら、東京にいる今しかない!!と思い、退職を早めて昼間にがっつり学ぶことにしました!(*'ω'*)

日々に追われていて尻込みしていたけど、いまのタイミングならきっとできる!と思い、やりたいことに素直になってみています。

ママ友と休み合わせて平日ランチ、こどもたちを実家や夫に見ててもらって友達とランチ、も以前より増えました(´▽`)

 

学んだことが今後の就職に活かせるのか、移住先の仕事や生活がどうなるのか、まったく未知数でまだ先が見えていない状態ですwww

ワクワクよりもドキドキが大きいですが、どんな状況でも楽しむ気は満々なので、きっと大丈夫。なるようになる!ケセラセラ~(´▽`)と歌いながら進んでいこうと思います!

 

ここまで読んでいただきありがとうございました!(*‘ω‘ *)

☆レビュー☆余命宣告された人が行うべき5つのこと

こんにちは。あいです。

ママたちと自分史ウェブサイト作成のお手伝いをしています☆

 

今年もよろしくお願いします。今年初めてのブログです!

…もう1月終わる(汗)(汗)(汗)(汗)(汗)

今回は、年末にお知らせした『自分史サイトLibrary』の、コラムレビューです♪

jibun-shi-web.hatenablog.com

 

jibunshisite.com

自分や家族が余命宣告を受けたら、、、

いろいろな感情が湧き出てきますが、来たるべき時に備え、自分のためにも家族のためにもやっておくとよいことが書かれています。

私は、過去2度ほど家族の余命宣告を受けていますので、経験も踏まえてレビューできればと思います(*‘ω‘ *)

 

余命宣告をされたとき行うべき5つのこと

 

誰に力になってもらうかを考える

本人や家族に伝える・伝えないは最初の大きなハードルだなと思います。

気持ちや金銭的な余裕もだいじですが、頼れる人にも、頼れる人がいるかも重要です。

余命宣告されたご本人が氣を遣わないのが最優先。そのためには、頼れる人が抱え込みすぎないことがもっと大事。頼れる人が家族であっても同じだなと思います。

私の場合、父の容態を母から聞きました。

父自身が余命宣告を受けていたのかはわかりませんが、母は看護学校を出ているので、検査数値や症状・先生の話から、「先は長くない」と察知したようです。

知識があったとはいえ、母もきっと平常心ではなかったと思いますが、知識があるゆえ、先の見通しが立ったのかなとも思います。父のことについて、私たちに弱音は吐きませんでしたが、母方の祖母も看護系だったので、頼っていたのかもしれません。

 

身の回りの整理整頓を行う

正直、余命宣告をされた後または亡くなった後に、持ち物を整理していくのは、家族としてはとてもつらい時間になるなと思います。

お義父さんが亡くなってから、片づけをしているお義母さん。

住んでいるのがお義父さんのご実家だったこともあり、そのご両親の物もあり、とにかく整理するのに時間がかかっていると言っていました。

たくさん思い出が詰まった物を捨てるのはとても悲しくて、泣きながら捨ててるのよ~とも言っていました。

そのような話を聞くと、やはり普段から定期的な断捨離をして、大切なものだけにしておくことは大事かなと思います。

大切な情報は紙で管理することは、以前のブログでも少し書きましたが、デジタルが発達しても、本当に大切なことはアナログが確実だなと思っています。最近は、情報を管理するノートなどもありますね(*'▽')

また、加入している保険の証書なども、家族分一か所にまとめて管理しておき、どこにあるかを家族に共有しておくのも大切ですね。

 

残された時間でやりたいことをリストアップする

昔見た映画『最高の人生の見つけ方』でもあったやりたいことリスト。(映画では、確か『棺桶リスト』って言ってたかな(゜-゜))

誰かに見られるのは恥ずかしいけど、家族のやりたいことはひとつでも叶えたいなと思います。

家族とどのような時間を過ごしたいかをリストアップしたり家族と話したりするのも、やりたいことリストひとつかなと思います。

お義父さんの告別式のとき、お義母さんが「お父ちゃん、お棺に入るときは紺ブレ着たいって言ってたの~」と言っていました。2人でどんな服を着るかも話し合っていたそうです。白装束が当たり前だと思っていたので、服装を一緒に考えるのも素敵だなと思いました(*'ω'*)

 

感謝を伝える方法を模索する

願わくば、余命が長い状態で、家族や友人に感謝を伝えたいなとは思うけど、なかなか伝えるきっかけが難しいですよね。。気恥ずかしいし。。。

父は、亡くなる直前、その場にいたみんなに「ありがとう」と言って亡くなりました。
私も、ありがとう、幸せだったと伝えて死にたいなぁと思っています(´▽`)

…そのためには、日ごろから感謝する気持ちが大事ですね(*´з`)…

感謝を伝える方法のオススメは手紙。

生保のCMで、娘の誕生日の度に、亡くなったお父さんからの手紙をお母さんから受け取るというストーリーがありました。そういう伝え方もいいですね(*‘ω‘ *)

 

ゆっくりと人生を振り返り、自分史を綴る

今までの自分を振り返ることで、「いろいろあったけど、楽しく充実した人生だった」と感じられるのかなと思います(*'▽')

自分を振り返りながら、気持ちの整理にもなるのかなと思うし、家族へ伝えたいことや想いを綴ることもできます。

自分にとっては「がむしゃらな人生」「ありきたりの人生」かもしれませんが、誰かにとっては「勇気や希望になる人生」かもしれません。

自分史というと、冊子をイメージしがちですが、ウェブサイトに残しておく方法もあります。

ウェブサイトであれば、離れている親戚や友人にも共有しやすいですし、スマホさえあれば、いつでも簡単に思い出を振り返ることができます。

自分史ワークシートを使うことで簡単に書き出すことができます(´▽`)

www.youtube.com

 

まとめ

私自身、家族の余命宣告を受けたとき、最初は受け止めきれませんでした。しかし、日が経つにつれて、人生のラストは誰もが必ず迎えるものだと、病気や家族に向き合うようになりました。

その人の人生については、なかなか語られることはないものですが、今となっては、聞いておけばいろいろな選択肢が増えたかもしれないと思います。

また、物や気持ちの整理を一緒にしていくことで、これまでの日々に感謝できると思いますし、自分にとっても家族にとっても残された一日一日が思い出深い日々になっていくと思います。

 

久しぶりのレビューでした☆

もう少しサクサクかけるようになりたい( ;∀;)

ここまで読んでいただきありがとうございました!!!